薬局の仕事

【比較】薬局と病院での薬剤師の能力

薬局と病院の薬剤師で必要な能力は大きく異なります。

私の経験上での違いを紹介します。

ただし、私の経験上の一般的なものであり、職場による差も大きいです。

 

薬局と病院の薬剤師の違い

  薬局 病院
①対象 外来メイン 入院メイン
②扱う薬の数 多い 少ない
③専門性 ジェネラリスト スペシャリスト
④その他 在宅医療
OTCの販売 など
専門的チーム医療
治験業務 など
薬局薬剤師と病院薬剤師の職能の違い

①対象の患者

 薬局

外来患者のため、軽症や慢性期疾患がほとんどです。

長期管理の患者さんには何年間にも渡って接します。

自宅で薬物治療を行えるように支援する能力が必要です。

病院

病棟業務のため、病態は担当の診療科のものに限ります。

カルテや検査値を見れるため、病態の理解も深くなります。

担当の医師との距離も近く処方提案もし易いです。

 

②扱う薬の数

薬局

いろいろな病院の処方箋を取り扱うため種類が多いです。

ジェネリック医薬品や先発品も取り揃えているため、

同系統の医薬品も多くなります。

ドラッグストアよりは少ないですが市販薬も取り扱います。

注射や点滴などの無菌製剤はほとんど取り扱いません。

病院 

基本的には採用薬の範囲で薬品を扱います。

ただし、採用薬を再検討は定期的に行っています。

無菌製剤や院内製剤など特殊な調剤も多いです。

 

③専門性

薬局

どんな処方せんも受け付けるため専門性はいりません。

逆に言えば、どんな薬でも対応できる万能な能力が必要です。

しかし、在宅医療に特化した薬局や、がん治療で病院と

連携した薬局、健康サポート機能に特化した薬局もあります。

病院

担当の病棟の業務にもよりますが、専門性も必要になります。

がん、糖尿病、感染、栄養など専門薬剤師制度も豊富です。

 

④その他

薬局

市販薬の販売もするため、OTCを選ぶ能力も必要です。

地域内で在宅医療を行う薬局も増えており、

ケアマネやヘルパーさんと連携します。

また、最近では医師へフィードバックの必要も増えており、

地域の医師との連携も重要です。

病院

院内でのチーム医療の一員として参画することもあります。

薬局と比べて他の医療職と日ごろからの連携しやすいです。

緩和ケアや、褥瘡管理、栄養管理など種類があります。

また、治験など先端医療に触れる場合もあるそうです。