雑記

【勝手に考察】カレーを漢方家の視点で考える

へむ
へむ
今回は漢方家の末席を汚す者として、スパイスの集合体であるカレーを考察してみます。
仔かぴ達
仔かぴ達
カレーは大好物です。カレーって漢方と関係ないように思いますが大丈夫です?
へむ
へむ
カレーのスパイスも漢方薬の生薬も同じ薬草だし、中国とインドで近いからかなり類似点が多いんだ。そういうことで今回も勝手に消化しまーす。

カレーのスパイスと生薬の観点で考察

そもそもカレーのスパイスには漢方薬の生薬として使われるものも多数あります。

まず、カレーの基礎的なスパイスには「クミンシード」、「コリアンダー」、「カルダモン」、「ターメリック」、「カイエンペッパー」があります。

これらは日本の漢方ではあまり使われません。

ただし、中国の漢方医学である「中医学」ではほとんどの生薬は使われます。

また生薬として使われるスパイスは他にも

フェンネルシード、スターアニス、クローブ、ペッパー、シナモン、、ジンジャー、ガーリックがあります。

これらは中医学的にどのように解釈されるかをまとめてみました。

スパイス名 生薬名 備考
クミンシード 孜然芹 漢方ではあまり使わない。インドでは胃腸薬に使われる。
コリアンダー 胡荽子 パクチーとも言われる。薬性は辛温。効能は解表薬。
カルダモン 白豆蔲 ショウガ科の植物。薬性は辛温。効能は理気薬。
ターメリック 鬱金 ウコンのこと。薬性は辛苦寒。薬効は理血薬。
カイエンペッパー 蕃椒 唐辛子のこと。漢方ではあまり使わない。非常に温める作用強い。
フェンネルシード 小茴香 セリ科の植物。薬性は辛温。薬効は散寒薬。
スターアニス 大茴香 八角ともいわれる。薬性は辛温。薬効は散寒薬で小茴香に劣る。
クローブ 丁香 セリ科の植物。薬性は辛温。薬効は散寒薬。
ペッパー 胡椒 薬性は辛熱。薬効は散寒薬。熱性が強い。
シナモン 桂皮 薬性は甘大熱。薬効は散寒薬。桂枝とは異なり温める生薬。
ジンジャー 生姜 薬性は辛微温。効能は解表薬。乾姜なら大辛大熱の散寒薬。
ガーリック 大蒜 ニンニクのこと。薬性は辛温。薬効は駆虫薬。

参考;中医臨床のための中薬学、神戸中医学研究会編著、医歯薬出版株式会社

 

薬効を漢方医学的に考察

先ではあえて、中医学的な書き方をしました。

まず、薬性というのは味や体を温めるか冷ますかということです。

ほとんどの生薬が「温」や「熱」で中には「大熱」で体を温める生薬です。

ターメリックだけは「寒」で体を冷やしますが、漢方薬の構成もあえて、全て温めるなどにせず、逆の効果を持つものでバランスを取ることが多いです。

因みに散寒薬とは温める目的の生薬であり、温めて痛みや胃腸の調子を整えるものです。

また、薬効的には「気」や「血」を巡らせて、滞っているものを取り除いたり、汗を流して寒さを取り除くような働きです。

 

総合的には、全体的にまず「体をすごく温める。」ということです。

漢方薬では大建中湯とか真武湯に近いように思えます。

そして、気を巡らせる漢方薬が多いため寒さによる痛みや、胃腸障害に使えそうです。

ちなみにこの痛みというのは散寒止痛といって、寒さで増悪する痛み。要するに神経痛に効きそうです。

・カレーの生薬構成はとにかく温めまくるという構成である。

・生薬構成から一番近い漢方薬は大建中湯や真武湯

・温めることで胃腸や痛みを抑制するような生薬構成

 

インド人はなぜ体を温める生薬を使うのか?

生薬構成からはカレーはすごく温めるものであることがわかりました。

熱い国であるインドでなぜカレーを好んで食すのかを考察しました。

体を冷ます方向に持って行くため

一つ目の理由は体を冷ますために、薬性が温める生薬を多く含むものを食べるのかと考えます。

まず、生薬の温めるというのは殆どのものが体が温まったと錯覚するということです。

要するに実際に体温が上昇するわけではなく、温度受容体という温度を感知するセンサーを狂わせるということです。

実際に体が熱くならなくても、温度受容体を刺激して温かいと感じる閾値を下げるわけです。

そうすることで、脳の視床下部で体が熱いから冷まさないと!と、筋肉を弛緩させたり、発汗したりして体を解熱方向に持って行きます。

因みに漢方では葛根湯などの解表薬がこんな感じで効きます。

漢方医学的には汗をかいて体表の病気を取り除くと言われていますが、

そうではなく、悪寒を感じて体温を上昇傾向にする方向にあるときに、

体が十分温まったと錯覚させて熱を下げる薬なのです。

 

食欲を増進させるため

夏バテのように暑いと食欲がどうしても落ちます。

カレーはそういった時に食欲を増進させる目的もあると考えます。

漢方でもまずは香りを嗅いでから飲むと言われています。

漢方などの香りが食欲を正常に戻すと言われているからです。

アロマテラピーでも食欲に関する精油はたくさんあり、匂いと食欲は密接に関わっていると言われています。

 

胃腸の調子を整えるため

さきに述べた通り温める生薬には基本的に胃腸を整える目的でも使われることが多いです。

大建中湯や人参湯が温めて胃腸を整える代表方剤です。

熱いと食欲が落ちたり、冷たいものを食べるなどで胃腸が弱ります。

そこを温性の生薬で温めるわけです。

 

以上。今回の内容は基本的に漢方の知識と知見から勝手に考察したものです。

実際に、どのような目的で使われてきたかはわかりません。

インド医学であるアーユルヴェーダをしっかり学べば深淵に届くかもしれません。