薬局の仕事

【薬剤師不要論】不要な薬剤師は情報量を意識していない

仔かぴ達
仔かぴ達
へむさんって、薬剤師のスペシャリストでキャリアアップ※しているんですよね。服薬相談でコツを教えて下さい。

前記事参照

へむ
へむ
コツというか。薬剤師は薬の情報を扱う職なので、その情報の質と量を意識することかな。
へむ
へむ
薬剤師は患者さんが薬物治療を行うにあたり必要な情報を与えることが重要です。質は知識を増やさないと幅が増えないけど、情報量は意識したら今すぐ変われるのでここを話すね。

服薬相談で情報のサイズが重要な理由、

へむが服薬指導でまず意識するのは情報のサイズです。

情報のサイズがなぜ重要なのか2つ理由を挙げます。

①そもそも情報は持って帰って使われなければ意味がない。

②情報のサイズを意識しない薬剤師はいらない。

①そもそも情報は持って帰って使われなければ意味がない。

あなたが有益な情報を与えたとしても、使われないと意味がありません。

医療情報というのは膨大な量ある上に、薬剤師は一般人に比べてその知識も豊富です。

薬の使い方に、薬の効き方、どんな副作用があるかに、飲食物の注意点、

生活上での注意など薬剤師であるあなたは患者に伝えたいことがたくさんあるでしょう。

しかし、情報は与えすぎてもダメなのです!

なぜ、ダメかって?

それは患者さんが持って帰れないからです。

 

その患者さんをみて予め持って帰れる情報量を逆算して服薬相談にあたりましょう。

服薬相談の情報も、使ってもらえて初めて意味があるのです。

 

②情報のサイズを意識しない薬剤師はいらない。

先ほどは患者さんが持って帰れる情報は限られてるという話でした。

これを意識しない薬剤師はいらないって、過激に思うかもしれませんが、

実際にそうなんです。

 

添付文書を患者さんに渡せばいいじゃん!

 

つまり、そういうことです。

情報化社会の中で、情報は溢れており、だれでも容易にアクセスできます。

薬の大量の情報を与えたいなら添付文書あげたらいいだけです。

そうすると薬剤師はもちろんいりません。

情報は使えるよないうに加工して、使ってもらう必要があります。

患者さんが使えるように情報を整理することで初めて薬剤師の存在価値があります。

前にも述べた通り薬剤師は情報職なのです。

 

情報の持って帰れる量は人や条件によって変動

じゃあ、どのぐらいの情報量をあげたらいいの?って話になりますが、

それは単純な問題ではありません。

情報を持って帰れる量っていうのは人や状況によって大きく変動するためです。

 

わかりやすい例で言うと、

認知症の患者に対してどのように接していますか?

そう、要点を絞って重要な1つだけ伝えたり、薬袋に大きな字でメモ書きしますね。

 

また、予め薬の相談があって、来た人はどうでしょう?

自身が納得するまで、あれもこれもとたくさんの情報を薬剤師から引き出そうとします。

 

患者さんが持って帰れる情報のサイズは一定ではなく、人や状況に応じて変化します。

今、この患者さんにはどれくらい情報量を渡せるかな?というのは見極めが肝心で、

ここを見極めることができるのが薬剤師のプロフェッショナルです。

では最後に情報量が変動する要因の例を挙げておきます。

 

これを意識することで、情報の与えすぎにならないようにポイントを押さえた

服薬相談をすることができ、あなたの薬剤師の価値がぐんと上がります。

 

持って帰れる情報量が少なくなる要因

  • 認知症の患者さん
  • 高齢者
  • 頑固で他人の言うことを聞かない人
  • 病気がつらくて、それどころじゃない時
  • 待ち時間が長い時
  • 急いでいる時
  • うわの空で効いている時
  • 話の内容がつまらない時
  • 薬剤師を信頼していない時

 

持って帰れる情報量が多くなる要因

  • 素直な人、心にゆとりがある人
  • 神経質で知っておかないと不安になる人
  • 時間にゆとりがある時
  • 相談事がある時
  • 話の内容が面白い時
  • 話の内容に必要性を感じる時
  • 薬剤師を信頼している時